開口力・トレーナー KT2016

口を開ける力を数値化。食べる為の継続的なトレーニングを支援します。

開口力計とは?

開口力とは「口を開ける力」のことを意味します。
口を開ける筋肉と、食べ物を飲み込む筋肉は、ほぼ同じ筋肉を使うと言われており、開口力を知る事で肺炎の主要因と言われている『嚥下機能障害』のスクリーニングや開口訓練の効果判定に役立つと言われています。

開口力トレーナーの特徴

  • 開口力(口を開ける力)を数値化
  • 締付けノブで操作性向上
  • 電池式になり従来型に比べ、よりコンパクトに

本製品は、開口力トレーニングを支援する目的で開発された機器です。

開口力を知る事で肺炎の主要因と言われている『嚥下機能障害』のスクリーニングや開口訓練の効果判定に役立つと言われています。

開発コンセプト

本製品は、

「口を開く力を実際に測定できたら、訓練効果の指標として使えるのに・・・」

「簡易的に口を開ける力を測る機器が無い!」

そんな声にお応えして開発した、

開口力トレーニングを支援する開口力トレーナー」

です。

これまで開口力は特殊な研究装置でしか測定できませんでしたが、本開口力トレーナーを活用することで、患者宅や開口訓練の効果判定に活用することで、高齢化先進国の日本において、多くの方の「口から食べる」を、末永く支援することが期待されます。

使用目的

本製品は、口を開けるトレーニングに用いるリハビリテーション用訓練装置であり、口を開ける際の筋力を測定することを目的とする。

使い方

使用上の注意

本製品は、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科老化制御学系口腔老化制御学講座 高齢者歯科学分野准教授 戸原 玄先生の指導の下、開発された開口力リハビリの支援機器です。

表示された数値は開口力を示しますが、被験者の体調、測定時の姿勢、取り付け位置、締め付けの程度、ゼロリセットの有無等で、測定値が変わる場合があります。

本製品の特徴を理解した上でご使用ください。


●パンフレットダウンロード(PDF)

●添付文書、取扱説明書は こちら

医療機器 届出番号:13B2X10284000001