products

エアスコープ AS2015

エアスコープは、ファイバースコープと呼ばれる内視鏡の映像をiPadに映し出すための装置です。 従来の内視鏡は、基本的に患者が病院に行かなければ受けられない検査ですが、本エアスコープとファイバースコープ、iPadを組み合わせることで、例えば、患者の自宅やベッドサイドでの内視鏡検査が可能となります。

AS2015

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)

医療機器 届出番号:13B3X10117000002


スコープキューブ SC2018

スコープキューブは、ファイバースコープ(内視鏡)の映像をパソコンに映し出すための装置です。「より軽く」、「より手軽」にをコンセプトに開発しました。従来暗いと言われていたポータブルタイプのLED光源との組み合せにおいても明るく映し出される様に工夫されています。

SC2018

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)

医療機器 届出番号:13B2X10284000003


ブローイングトレーナーBT2016

ブローイング力トレーニング装置。数値と音で息を吐く力を見える化。

BT2018

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)


バッテリー式LED光源装置 LB2016

電池駆動で持ち運びが容易なポータブル光源装置。

LB2016

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)

医療機器 届出番号:13B2X10284000002


エアキャプチャー AC2015

エアキャプチャーは「内視鏡(電子スコープ)やX線透視装置等、各種医療機器のモニタ映像をiPadで気軽にモニタリング&記録したい!」、そんな医療従事者の声(ニーズ)から生まれたワイヤレスiPadモニタリング&記録システムです。「同じ患者のVE、VFの映像をiPadで記録したい」、「記録した映像を患者やご家族、スタッフとすぐに共有したい」、「症例検討会やカンファレンスで活用したい」、そんな現場の声をカタチにしました。

AC2015

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)


開口力・トレーナー KT2016

開口力とは「口を開ける力」のことを意味します。 口を開ける筋肉と、食べ物を飲込む筋肉は、ほぼ同じ筋肉を使うと言われており、開口力を知る事で肺炎の主要因と言われている『嚥下機能障害』のスクリーニングや開口訓練の効果判定に役立つと言われています。

KT2016

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)

医療機器 届出番号:13B2X10284000001


スピーチ・ウェーブ

「声」や「嚥下音」をビジュアル化。オペ前後の声の評価や嚥下機能の評価に。エアキャプチャーとの組み合わせで、医療映像と同時に映し出すことも可能です。

SpeechWave

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)


ポータブルファイバースコープキャリングケース FC2016

往診でのファイバースコープの運搬を容易に。

FC2016

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)


ノーズピース NP2015

「経鼻内視鏡挿入時の患者の痛みを和らげたい!」 そんな医師のニーズから生まれた経鼻内視鏡用ノーズピースです。

NP2015

製品の詳しい情報は ➡ こちら

●パンフレットダウンロード(PDF)

医療機器 届出番号:13B3X10117000003